<男子世界ランキング>
 12月8日付けの最新男子世界ランキングが発表された。先週の国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で悲願のツアー初優勝を挙げた宮里優作が前週の287位から105ランクアップの182位へと急浮上を果たしている。
 またタイガー・ウッズ(米国)がホストを務めた「ノースウェスタン・ミューチュアル・ワールドチャレンジ」で逆転優勝を果たしたザック・ジョンソン(米国)が前週の16位から9位にランクアップ。世界のベスト10入りを果たしている。
 日本勢の最高位は松山英樹の23位で変わらず。その他、68位小田孔明、82位片山晋呉、87位石川遼、97位谷原秀人までの5選手が世界ランキングベスト100にランクインした。

【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(12.34pt)
2位:アダム・スコット(10.00pt)
3位:ヘンリク・ステンソン(9.01pt)
4位:ジャスティン・ローズ(7.53pt)
5位:フィル・ミケルソン(7.44pt)
6位:ローリー・マキロイ(6.82pt)
7位:マット・クーチャー(6.47pt)
8位:スティーブ・ストリッカー(6.04pt)
9位:ザック・ジョンソン(5.71pt)
10位:ブラント・スネデカー(5.52pt)
23位:松山英樹(4.01pt)
68位:小田孔明(1.94pt)
82位:片山晋呉(1.76pt)
87位:石川遼(1.66pt)
97位:谷原秀人(1.60pt)
122位:池田勇太(1.38pt)
131位:藤本佳則(1.33pt)
143位:藤田寛之(1.27pt)
174位:小林正則(1.05pt)
176位:川村昌弘(1.03pt)
182位:宮里優作(0.99pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>