『百瀬、こっちを向いて。』

写真拡大

早見あかり(ex.ももいろクローバー)の主演映画『百瀬、こっちを向いて。』が、5月10日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

小説家の乙一が中田永一名義で発表した同名小説をもとにした同作は、高校生たちの恋や人間模様を描いた作品。恋をしたことがない冴えない男子高校生・相原ノボルと、隣のクラスの女子生徒・百瀬陽が、学校一の人気者で2人の先輩である宮崎瞬のために恋人同士のふりをすることから始まる物語が描かれる。

映画初主演となる早見が、想いを寄せる瞬のために自分が傷つくことも厭わない百瀬役を演じているほか、高校時代のノボル役に竹内太郎、瞬役に工藤阿須加、瞬の恋人・神林徹子役に石橋杏奈がキャスティングされている。また、十数年後の視点から物語を語る大人になったノボル役を向井理が演じることも今回明らかになった。

監督は全国の映画館で流れるCM『NO MORE 映画泥棒』などを手掛け、同作が長編初監督となる耶雲哉治。脚本は映画『ストロベリーショートケイクス』の脚本でも知られる小説家の狗飼恭子が手掛けている。主題歌にはWEAVERによる書き下ろし楽曲“こっちを向いてよ”が起用されている。