ノルウェー・リレハンメルでスタートしたW杯は12月6日、男女混合団体が行なわれた。メンバーは、1番手伊藤有希、2番手伊東大貴、3番手高梨沙羅、4番手竹内択で臨んだ。

 高梨の1本目は激しく降る雪が助走レーンに溜まり、滑りが悪くなってスピードが上がらない上に、難しい風の条件。その中で、91mしか飛距離を伸ばせなかった。

 その高梨を含む3番手のグループでは、92mを飛んだオーストリアのダニエラ・イラシュコに次ぐ、2番目の得点。しかし、日本チームもこの時点で4位といまいち乗り切れない様子だった。

「この雪だと2本目は無いですね。私のダメなジャンプでチームの脚を引っ張ってしまいました」と言う高梨は、4番手の竹内拓が104mの大ジャンプで順位を2位にあげたのを素直に喜んではいたが、納得できない表情を見せていた。

 しかしその後、雪は小降りになって競技は続行。日本は1番手の伊藤が96. 5mを飛び、オーストリアを0. 2点抑えてトップに立った。続く2番手の伊東が順位を2位に落としたが、3番手の高梨は条件にも恵まれて100mまで飛距離を伸ばしてトップを奪い返す。最後の竹内もグループ1位のジャンプでW杯混合団体初戦を制した。

「2本目はいい条件で飛ばせてもらえたと思うけど、内容的にも自分の中ではまあ納得のいくものだったので、満足してガッツポーズを出してしまいました。1本目は悪条件で飛ぶことを今のうちに体験できて良かったと思うし、2本目も飛べていい感触で終われたのは良かったですね。明日の個人戦はしっかり臨みたいと思います」

 緊張しがちな開幕戦が、プレッシャーの少ない団体戦であったことは幸運だったという高梨。良い感触を掴んだ2本目のジャンプでそれまでのモヤモヤした気持ちも吹き飛ばした。

 その収穫は、翌7日の個人戦で実を結んだ。強風のために予定が遅れた上、長時間の中断があった予選は強い向かい風の中の試合だったが、本戦になるといきなり弱い追い風の条件に変わった。その中で高梨は1本目、ヒルサイズ(100m)超えの102mを飛んでトップに立った。飛距離こそ実力者のダニエラ・イラシュコ(オーストリア)に0.5m負けたが、向かい風の条件だったイラシュコに対して高梨は弱い追い風。そのウインドファクター差に加え、課題だったテレマークをきっちりと決めて飛型点でも上回った。

「着地で自分の体を支える力がついてきたと思うし、テレマークを入れるやり方も身についてきたと思います。着地に関しては以前の方が余裕はあったけど、今はギリギリのところまで攻めてテレマークを入れようという意識になりました。そんな気持ちでやった今回、飛型点で高い得点が出たのは自信になるし、これからもそこをアピールしていきたいと思います」と、自分の進化への手応えを口にした。

 そして2本目は全選手中最悪の秒速1.54mの追い風を受けて飛距離は96.5mに止まったが、合計では2位のイラシュコに16点の大差をつけて優勝した。

 だが高梨は「勝てたのは良かったしホッとしたけど、内容的にはそんなに満足いくものではなかった」と、手放しでは喜ばなかった。

「特に1本目は、踏み切りでもう少し足を使ってジャンプ台に力を伝えて立ち上がれれば良かったな、と後悔した部分もあって。ちょっと体が流れていたというか、自分の悪い癖が出て助走でちょっと突っ込み気味になってしまいました。2本目もそこを直そうと思って臨んだけど、そんなにうまくできなかったので。そこはこれからの課題になったと思います」

 今年の夏はサマーGPでも総合優勝を果たし、この大会の前にはオーストリア・ラムソウの合宿で雪上でのジャンプ練習も十分にできた。その上で好スタートを切った高梨が、自分に厳しい評価を与えるのは世界のレベルアップを感じているからだ。

 昨シーズンまで、W杯の出場選手は50名に届かず、予選は無いのが当たり前だった。だが五輪シーズンの今季、開幕戦には70名もの選手が出場した。その上、各選手の技術も格段にあがり、2本目に進める30位以内の選手の中で、K点である90mに届かなかった選手は3人だけという、男子並みのレベルになったのだ。

「全体的にだけではなく、上位争いに関しても今はどんどんレベルが上がっていると思います。今回3位に入ったドイツの選手は去年まで見たことの無い選手だったし。だからこれからは優勝争いも、かなりのクロスゲームになっていくのではないかと思います」

 高梨がこう話すように、3位になったジャニナ・エルンスト(ドイツ)や、予選で104mを飛び、1本目には99mで3位につけたエマ・クリネク(スロベニア)は高梨より2歳若く、昨季はW杯にも出場していなかった選手だ。それに加えて昨季のW杯後半戦はケガで欠場していた、2011年世界選手権優勝者のイラシュコが好調だ。

「でもレベルの高いシビアな戦いになるのは、本当に楽しみですね。競い合う相手がいるというのは幸福なことだと思うし、競り合ってどんどん上に上がっていければいいと思いますから」

 その中でも高梨が最も強く意識するのは、昨年の世界選手権や終盤のW杯で、飛型点差で敗れたサラ・ヘンドリクソン(アメリカ)の存在だろう。今年の夏にケガをしたが、ソチ五輪には復帰してくる可能性が高い。彼女に勝つためには踏み切りや空中だけではなく、着地まで完璧にしなければいけないと考えてきた。そのライバルが不在のW杯では、いくら新しい選手たちが出て来ようとも負けるわけにはいかない。

「次のヒンターツァルテン(ドイツ)では、今日出てきた課題を克服して、もっともっといいジャンプができるようにしたいです」と明るい表情で言う高梨。楽しみにしていた冬季シーズンの開幕と優勝という滑り出しは、自らをさらに進化させなければいけないという、自分との戦いに火をつけるものになった。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi