「キリン ファイア Qグレード認証豆ブラック」

写真拡大

コンビニカフェの台頭やトクホ飲料のコーヒー発売など、2013年秋冬のホット飲料でとりわけコーヒー市場が白熱している。

そうした中、最近よく耳にするのが「スペシャルティコーヒー」という言葉だ。風味がよく、生産段階から焙煎まで品質管理が徹底されたコーヒーを指す。

香料は一切加えず、コーヒーそのものの風味が楽しめる

スペシャルティコーヒーの条件は生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。

キリンビバレッジが2013年11月発売した「キリン ファイア Qグレード認証豆ブラック」(115円)は、缶コーヒーで味わえるスペシャルティコーヒーだ。

米国スペシャルティコーヒー協会(SCAA)の基準で高い評価を獲得したコロンビア・ウィラ産「Qグレード認証豆」を100%使用。一般的に言われている「高級豆」とは異なる、「おいしさ」で選ばれたコーヒー豆で、市場に流通しているコーヒー豆の中でも約5%以下という。特長は豊かな味わいで、香料は一切加えず、コーヒーの華やかでフルーティーな香りと柔らかなコク、そして爽やかな酸味を楽しめる。

特別で良質なスペシャルティコーヒーを、缶コーヒーで手軽に楽しめるというわけだ。