現代ワーカー向け机上ツールをハーマンミラーが発表

写真拡大

 ハーマンミラージャパンが、ロンドンを拠点に活動するサム・ヘクト&キム・コリンがデザインした新製品「Formwork(フォームワーク)」を12月末に発売する。ワークプレイスや家庭で書類、ツール、小物を整理・収納するデスクトップのストレージとして、ペンシルカップやトレー、ボックスなどをラインナップする。

ハーマンミラーから「Formwork」発売の画像を拡大

 働く場所がオフィスだけではなく様々な空間に広がっている現代のワーカーに向けて提案する「Formwork」は、職場から家庭まで幅広いシチュエーションに対応できるように直感的な使いやすさを考慮したデザインを採用。つやの仕上げが施されたカラーリングと洗練されたフォルムが特徴の一つで、様々な形やサイズを自由に組み合わせながら自分の用途に応じたデスクトップストレージにアレンジできる。トレーとボックスはそれぞれ大・小のサイズを揃え、ペンシルカップ、ティッシュボックス、ペーパートレーは各1サイズの展開。カラーはオニキス、セメント、レッドクレイ、ワサビ(2014年以降の発売)をラインナップし、価格は2,000円〜6,000円を予定している。