彫刻家・名和晃平が主宰する「SANDWICH」表参道GYREで展覧会を開催

写真拡大

彫刻家・名和晃平が主宰する「SANDWICH」が、表参道のGYRE(ジャイル)で展覧会「KOHEI NAWA|SANDWITCH」を開催している。

[ この記事の画像をもっと見る ]

「SANDWITCH」は京都・伏見にある創作のためのプラットフォーム。サンドイッチ工場をリノベーションすることで生まれた空間では、アーティストやデザイナー、建築家が集い、アートプロジェクトや企業とのコラボレーション、プロダクト開発からリノベーションまで幅広い創作活動を展開する。

総勢約40名のスタッフによって構成される「SANDWITCH」では、ディレクター名和を中心に「ART」「PRODUCTION」「ARCHITECTURE」「GRAPHIC」「OFFICE」チームを編成し、刺激的なプロジェクトが進行させている。

2014年2月16日(日)まで表参道のGYREで開催されている本展では、スタジオの制作現場をそのまま切り取ったような空間や、2013年に発表した新作のメイキング映像などを披露。通常の展覧会とはひと味違う展示構成により、国際的にも注目されている「SANDWICH」の世界観を体験できる。会場では来年1月に刊行予定の書籍「KOHEI NAWA|SANDWICH」の予約も行っている。

【プロフィール】
名和 晃平:
1975年生まれ。彫刻家、京都造形芸術大学准教授。
独自の「PixCell = Pixel(画素) + Cell(細胞・器)」という概念を機軸に、多様な表現を展開する。
2009年より京都・伏見に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げ、au のデザインプロジェクト「iida」や、ミュージシャンのPV やステージセット、COMME des GARÇONSとのコラボレーション等を手がけ、そのプロジェクトは多岐にわたる。
2011年には東京都現代美術館で個展を開催。2013 年には瀬戸内国際芸術祭や愛知トリエンナーレへ参加。また 、韓国・チョナン市に巨大な屋外彫刻“Manifold ”を設置するなど、国内外で精力的に活動する。

【展覧会情報】
KOHEI NAWA │ SANDWITCH
CREATIVE PLATFORM FOR CONTEMPORARY ART
期間:2103年12月8日(日)〜2014年2月16日(日)
会場:EYE OF GYRE
住所:東京都渋谷区神宮前 5-10-1 GYRE3F
TEL:03-3948-6990
協力:JTQ Inc.、HiRAO INC