「声」をモチーフに森本千絵とアーティストが共演する展覧会開催

写真拡大

 「組曲」のテレビCMなどを手がけるコミュニケーション・ディレクター森本千絵による「声」にまつわる展覧会が、南青山の「スパイラルガーデン」で12月18日から開催される。AR三兄弟や高木正勝、上田義彦らが参加し、声をモチーフにしたインスタレーションや写真作品などを公開する。会期は26日まで。

声をモチーフに森本千絵が展覧会の画像を拡大

 スパイラルホールで開催される演劇公演「声」からインスピレーションを得た「『声』にまつわる森本千絵展」は、声に関する森本千絵の世界観を複数のアーティストと共に表現する展覧会。「声」の舞台美術を担当する森本千絵が描いた企画書の原画をはじめ、「THEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ)」との取り組みでも知られるAR三兄弟が手がけたインスタレーション、写真家の上田義彦が原画の世界観を撮り下ろした写真作品などを展示する。開催に先駆けて会場には、森本千絵がデザインしたXmasツリーと来場者がメッセージを吹き込むことができる電話機型のボックスが登場。録音した声は高木正勝が制作した音楽と再構成され、108個の受話器を使った大型インスタレーション「受話木」となって作品化される。

 2007年設立の「goen°」を主宰する森本千絵は、企業広告のほか、ミュージシャンのPV演出や本の装丁、映画・舞台の美術、保育園や動物園のディレクションなど多岐に渡る分野で活躍し、サントリーの復興支援CM「歌のリレー」ではADCグランプリを受賞。最近では松任谷由実の新作オリジナルアルバム「POP CLASSICO(ポップクラシコ)」のアートワークを手がけ、コラボレーションウィンドウがバーニーズ ニューヨーク各店で展開されている。

■「声」にまつわる森本千絵展
 会期:2013年12月18日(水)〜 26日(木)11:00〜20:00 ※20日〜24日は21:00まで
 会場:スパイラルガーデン(スパイラル 1F)
    東京都港区南青山 5-6-23
 入場料:無料