写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パッシブデザインリフォームを展開するOKUTAは、インテリア産業協会が主催する「平成25年度キッチン空間アイデアコンテスト」に、「奨励賞」として初入賞した。

「キッチン空間アイデアコンテスト」は、キッチンへの興味・関心を高めることや、使いやすい快適なキッチン空間が普及することを目指し、インテリア産業協会が行っている。今回、同コンテストの「奨励賞」を受賞したのは、インテリアデザイナー・鈴木知佐香氏、建築プロデューサー・鈴木俊介氏、施工監理・片岡一成氏が担当した「55m2マンションの子育てオープンキッチン()」。子どもが成長し各々の部屋を増設するのと同時に、家族団らんをするダイニングに開放的なキッチンを取り入れたいという家主の要望からリフォームされた。

キッチンは、回遊型にすることで手狭さを感じない動線を確保。子ども部屋は、造作したロフトの下スペースにクローゼットを作ることで、上下空間を活用した収納を設けている。