写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エア・カナダは2014年7月2日より、東京・羽田とオンタリオ州・トロント(ピアソン国際空港)を結ぶ路線を開設し、ボーイング787ドリームライナーにて毎日運航することを発表した。

○羽田発北米行きの唯一の昼便

この新たな通年運航便は、同社にとって羽田とカナダを結ぶ初の直行便であり、羽田発北米行きの便では唯一の昼便。また、新装の座席を搭載し、機内での快適さを追求したドリームライナーが投入されるのは、同社のアジア路線において羽田/トロント線が初めてとなる。なお、同社の既存の路線には、成田/トロント、カルガリー、バンクーバーがある。

上級副社長兼コマーシャル担当最高責任者であるベン・スミス氏は、「都心から30分以内という好立地にある羽田空港は、都心からのアクセスの良さに定評があります。また、羽田から北米に向う便では唯一昼便であるため、国内線との乗り継ぎも便利で効率的に移動できます。さらに、グローバルハブのトロントを経由することで乗り継ぎが簡素化されて所要時間も短縮されるため、北米東海岸を往来するお客様にとって理想的な旅を実現します」とコメントしている。

同社の日本発着となる全線のビジネスクラスにはフルフラットシートを装備しており、ロイヤルティプログラム「アエロプラン」でのマイル加算やそのほか特典利用などを展開している。また、同社は来春から、ボーイング787ドリームライナー計37機を順次受領する予定となっている。