写真提供:マイナビニュース

写真拡大

わたらせ渓谷鐵道はこのほど、来年3月に実施する保線作業体験会の参加者募集を開始した。体験会は3月23・30日の2日間で、定員は各日30名(小学5年生以上)。

当日はトンネルと鉄橋を含む上神梅〜大間々間の線路5.1kmを歩いて徒歩巡回体験を実施するほか、レールカット、タイタンパーによるバラスト突き固め、犬釘打ち、軌道検測、軌道自転車乗車などの各種保線作業を体験する。大間々駅集合・解散で、旅行代金は5,800円(大人・こども同額)。代金には大間々〜上神梅間の運賃と弁当代を含む。解散時刻は15時頃。参加者には、記念品としてカットしたレールがプレゼントされる。参加申込みはわたらせ渓谷鐵道営業企画課にて、電話またはFAXで受け付けている。

(佐々木康弘)