2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストで、今年8月にプロデビューした村田諒太(三迫ジム)が、12月6日のプロ2戦目でも8ラウンドTKO勝ちを収めた。14戦13勝(8KO)1敗の中堅どころ、対戦相手のデイブ・ピーターソン(アメリカ)に少々手を焼いたが、最後は自慢の強打を叩きつけて仕留めてみせた。改めて潜在能力の高さを感じさせると同時に、課題も浮き彫りになった試合だった。

 この日の試合を村田は、「2戦目ということで少し緊張感に欠けていたかもしれない。最初は固くなってしまった」と振り返った。たしかに序盤は危なげはなかったものの、攻めあぐねている印象が強かった。軽打でつないでくるピーターソンを持て余し、後手に回るシーンもあった。4ラウンドには右を浴びて、防御に追われる場面も見られた。「あれがゴロフキン(9連続KO防衛中のWBA世界ミドル級王者)だったら、KOされていた」と、苦笑いを浮かべたほどだ。

 また、村田の得意とする右ストレートは当たってはいたものの、その多くは身体の柔らかいピーターソンに巧みに流されてしまった。つまり、相手にはパンチが見えていた。予知ができたため、最低限の対応は可能だったということになる。スピードや打ち出しのタイミングという点で、課題を残しているといえそうだ。

 ただ、勝負を決定づけたのは、一見すると地味な左ジャブだった。5ラウンド開始前、「重心を落としてジャブを突け」というコーナーの指示を受けた村田は、ひざを沈めるようにしてこのパンチを繰り出すことでリズムを刻み、相手の反撃を断ち切ることができた。即座に切り替えができる対応力と技術力は、高く評価していいだろう。

 プロ2戦目ということを考えると、スタミナ面では二重丸をつけてよさそうだ。村田本人も、「8ラウンド戦って最後にTKOできたことが大きい。(勝負は長引いたが)スタミナ面ではポジティブにとらえたい。10ラウンドでもいける」と満足そうだった。プロモートや海外とのコーディネートなど、村田を全面的にサポートしている帝拳ジムの本田明彦会長も、この点を高く評価している。

「アマチュアで3ラウンドしか戦ったことのない選手が、プロとしての練習を始めてから6ヵ月ということを考えれば、十分に合格点を出せる。あのまま判定勝負になっていたら別だが、最後に連打で仕留めたのだから最高の結果。この時点で8ラウンドを経験した自信は大きいはず」

 その一方、2戦目の出来について、厳しく評価する声もある。元東洋フライ級王者の肩書を持ち、半世紀以上もボクシングと関わっている評論家の矢尾板貞雄氏は、渋い表情で試合を分析した。「村田はデビュー戦よりも悪くなった。パンチのキレがなく、右を打つときに踏み込みがない。だから(パンチが)当たっても効かないという悪循環になっていた」というのだ。その原因は、「バランスの取り方が悪いから」と話す。ただ、この点は村田も自覚しており、キューバのナショナルチームコーチを務めたこともあるイスマエル・サラス・トレーナーの指導を受けて、矯正に努めている最中だ。まだまだ途上だということは、裏返せば、その点で大きな伸びしろがあるということでもある。

 前述のように、今後はスピードも身に着ける必要があるだろう。村田も、「たしかにスピードに関しては海外のトップ選手よりも劣ると思う」と認めている。そのうえで、「自分のストロングポイントで勝負するつもり」とも話している。「僕には前に出る圧力、フィジカルの強さがある。相手を下がらせる自信はある」というのだ。

 たしかに、この考えには一理あるとは思う。現に、日本に初めて世界ミドル級王座をもたらした竹原慎二は、パワーという自身のストロングポイントを生かし、重戦車のようなホルヘ・カストロ(アルゼンチン)に打ち勝ったという例がある。しかしその半年後、竹原はウィリアム・ジョッピー(アメリカ)のスピードに持ち味を封じられ、世界タイトルを奪われた事実を反例として挙げることもできる。世界を舞台として見据えるならば、やはり海外のトップ選手に伍するスピードは必要だろう。なにより、パワーにスピードが加われば、総合的な戦力は大きくアップするはずだ。

 そしてもうひとつ、ディフェンスに関しても改善の余地はありそうだ。アマチュア時代同様、この日の防御はブロックが主体だったが、ガードの間を突かれる場面も散見された。ヘッドスリップやスウェー、ウィービングなど、幅広く身に着けて使い分けることも必要になるだろう。

 プロ転向2戦目の選手に向けた注文としては厳しいものかもしれないが、村田は8月にプロ転向を果たしたばかりのルーキーであると同時に、すでに日本と東洋太平洋では1位、WBCでは世界ランキング18位に名を連ねている選手でもあるのだ。本田会長は、「本来ならば4回戦を4試合、6回戦を4試合といったペースで消化し、それから状況を見て8回戦、10回戦という手順を踏むのが理想。だが、トップランク社(村田が契約している米国の大手プロモーション)は早く勝負するつもり」と明かす。今回の8回戦の相手も、その路線に沿っての選択だった。村田には1試合で数試合分の経験を身に着けることが求められている。

 次戦は来年2月22日、中国のマカオで行なわれることが内定している。トップランク社主催のイベントで、同じ五輪金メダリストであるフライ級のゾウ・シミン(中国)、ヘビー級のイゴール・メコンツェフ(ロシア)との揃い踏みになる予定だ。階級は違うものの、技量や成長度が比較されることになるだろう。

 当然、ここでもトップランク社が対戦相手を選ぶことになる。村田の海外進出の第一弾であり、トップランク社にとっても売り出しの一歩ということを考えれば、イージーなマッチメークになることはないとみたほうがいい。今回同様、数試合分の経験を味わわせてくれる相手が選ばれるはずだ。その方針は今後も続くことになるだろう。まるで、各地域代表と次々にトーナメント戦でぶつかる五輪や、世界選手権のように......。

 以前、村田自身は、「世界は3年のスパンで考えている」と話していたが、本田会長は、「3年待ってくれるならば(世界王者に育てる)自信はある。でも、トップランク社はもっと短いスパンで考えているので、早い進歩が求められている。10戦こなした時点で村田がどこにいるか、それがひとつの目安になる」と話す。そのためにも今後の一戦一戦は、極めて重要なものになっていくはずだ。

「金の拳」に課せられたノルマは、その期待値同様、とてつもなく大きいものといえる。

原 功●文 text by Hara Isao