写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エイチ・アイ・エスはこのほど、年末年始の予約状況からまとめた海外旅行動向について公表した。調査日は11月30日で、調査対象は12月20日から2014年1月3日に日本を出発するエイチ・アイ・エスの海外ツアーと海外航空券となっている。

○アジアシティでは「ソウル」が1位

人気渡航先の総合1位は「ホノルル」で、2位以下には「ソウル」「台北」「バンコク」が続いている。欧米豪での1位は「パリ」で、2位以下は「ニューヨーク」「ロンドン」「ロサンゼルス」などがランクインした。ビーチリゾートでは、1位が「ホノルル」で、2位以下は「グアム」「バリ島」「サイパン」などとなっている。アジアシティでは1位が「ソウル」で、2位以下は「台北」「バンコク」「シンガポール」となった。

○人気の出発日は12月28日

出発日で最も人気があるのは「12月28日(土)」で、2位が「12月29日(日)」、3位が「12月30日(月)」。

早期予約化の傾向があり、6カ月前に予約した人が全体に占める割合は、前年比167%、3カ月前では前年比120%となっている。

予約伸び率を国・エリア別に見ると、「スペイン」「マレーシア」「台湾」の順で高く、都市別に見ると、「コタキナバル」「シドニー」「マドリード」の順で高かった。