アメリカ軍とカナダ国防軍、総力を挙げ“ビッグレッド・ワン”大追跡作戦今年も実施

写真拡大

クリスマスが近づいてきました。皆さんクリスマスに向けて様々な予定を立てていることと思いますが、アメリカとカナダが共同で設置している統合防衛本部NORAD(North American Aerospace Defense Command=北米航空宇宙防衛司令部)では、恒例の大作戦に向け、準備を着々と進めています。

クリスマスイブにプレゼントを持ってくる、あのサンタクロースの追跡作戦です。

【関連:北米航空宇宙防衛司令部が今年も総力を挙げて挑む「サンタ追跡プロジェクト」】

中山競馬場のクリスマスツリー


普段は、24時間態勢で北米大陸(アメリカ・カナダ)に対するミサイル攻撃などに備えているNORADですが、クリスマスイブの夜だけは、全力を挙げてサンタクロースを追跡監視するのです。

このきっかけになったのは、1955年のクリスマス商戦。アメリカ・コロラド州の百貨店がクリスマスのおもちゃ販売キャンペーンとして「サンタさんと話せる電話」を開設し、新聞広告にその電話番号を載せたことでした。いいキャンペーンになると思ったんでしょうね。ところが、その「サンタさんと話せる電話」には、1本も電話がかかってきませんでした。何故か。

広告に記載された電話番号が、間違っていたのです。間違った番号は、よりによってとんでもない場所につながりました。当時NORADの前身であるであるCONAD(中央防衛航空軍)の司令部、しかも機密であった、司令官用直通電話(ホットライン)に……。

基本的にこの直通電話は、緊急事態が発生した時にしか鳴りません。核ミサイルが発射されたとか、敵の戦略爆撃機が接近しているとか……受話器を取り上げた当時の指揮官、ハリー・W・シャウプ大佐の心境はどうだったのでしょう。

ところが、聞こえてきたのは小さな子供の声。

「おお、なんてこった!と思ったからね。忘れもしない。
国防総省直通のレッドフォン(ホット)ラインが鳴り、(上司であるアメリカ防衛空軍司令)パートリッジ(Earle Everard”Pat” Partridge)大将からの電話だと思って

『はい、こちらシャウプ大佐であります』
と答えた。
『……閣下。シャウプ大佐です。お判りですか?』
そうしたら
『……ほんとにサンタさん?』
という声が聞こえてくるじゃないか。

私は周りの部下達を見回し、誰かがからかってるんじゃないかと思ったよ。あまりにもおかしな光景だったからね。

そして
『……もう一回言ってくれないか?』
と電話口に話しかけた。
そうしたらまた
『……ほんとにサンタさんなの?』
と返ってきたんだ」

シャウプ大佐の回想ですが、実に間抜けな光景だったんでしょうね……。「サンタさんと話せる電話」と思って、子供が電話をかけてきたんですから。

しかしシャウプ大佐は、不測の事態にも動じない優秀な軍人でした。相手はサンタと信じている子供です。その夢を壊してはいけないと機転を利かせ、サンタクロースの住んでいる北極から何かが飛び立った形跡がないか、部下に調べさせた結果を伝えました。恐らく、自分はサンタクロースではなく、彼を追跡監視する仕事をしているんだ……みたいなことも同時に伝えたんでしょうね。次々かかってくる電話に、大佐は同様の対処をしました。

普通なら間違った広告で業務(しかも国防の)を妨害されたんですから、百貨店に対して厳重に抗議するんでしょうが、CONADは逆にこのハプニングを面白く感じたようです。この後CONADには、クリスマスの特別任務として「サンタクロース追跡」が追加されました。シャウプ大佐はこの一件で有名になり「サンタ大佐」というニックネームで呼ばれるようになったとか。

この任務は1958年にCONADから現在のNORADに改組された後も、脈々と受け継がれてきました。最初は電話サービスのみだったのですが、インターネットが一般化した1997年からは、毎年12月1日に専用サイトを開設。今年はアメリカ山岳標準時の12月24日、午前0時(日本時間24日午後4時)から「サンタ追跡」を実況中継する予定です。

さて、実際にどのようにNORADはサンタクロースを捕捉し、追跡(エスコート)しているのでしょうか。本来なら重大な軍事機密かもしれないのですが、YouTubeにNORADが動画を公開し、紹介しています。NORADではサンタクロースを「ビッグレッド・ワン」というコールサインで呼んでいるようですね。


追跡するのはNORADだけではありません。海軍の空母やイージス艦、原子力潜水艦など、アメリカ軍とカナダ国防軍の総力を挙げた大作戦です。軍だけでなく、FAA(アメリカ連邦航空局)もこの作戦に協力しています。

NORADのサンタ追跡サイト「NORAD Tracks Santa」では、今までの調査活動から得られたサンタクロースのソリについての情報も出ています。これも軍事機密(日本でいうところの特定秘密)に当たるのか、いくつかの数値の単位が独特のものになっています。もし詳細なデータがテロリストの手に渡り、サンタクロースが襲われたら大変ですので、この措置も納得ですね。

この情報によると、サンタクロースのソリは西暦343年の12月24日製造、プレゼントの最大積載量は6万トンにも及びます。武装として「トナカイの角」が装備されていますが、これは「純粋な防衛用」ということだそうです。最高速度は「星の光より速い」とあるので、戦闘機などは簡単に振り切られてしまうようです。

この他、サイトには各種のゲームがあったり、アメリカ空軍大学音楽隊や沿岸警備隊音楽隊、カナダ海軍音楽隊などの演奏によるクリスマスソングも聴けたりとバラエティ豊かなので、ぜひクリスマス前に覗いてみることをお勧めします。

参考:
NORAD Tracks Santa
Twitter @NoradSanta
facebook『NORAD Tracks Santa』
Google+『NORAD Tracks Santa』
FAA(アメリカ連邦航空局)サンタクロースサイト

(文:咲村珠樹)