ブルー、ピンク、グレーの3色

写真拡大

ミズノは、4〜10歳の子供向けキッズシューズ「HUG MOCK(ハグモック)」を2013年12月10日から全国のミズノキッズシューズ取扱店で販売する。子供の足の発育のサポートが目的の商品だ。

踏み込む力を伝えやすく

ミズノは、足指を使うことでこどもの健康な足の発育をサポートする製品開発を行っている。足の発育には5本の足指すべてを使って歩いたり走ったりすることが、正しい姿勢や歩き方につながるという。

ハグモックは、発育段階のこどもの小指は小さな力しか出せないことに着目。土踏まずから足の付け根の間部分と、小指部分の靴底を曲げやすくすることで踏み込む力を靴に伝えやすくし、5本の指がより自由に使えるよう設計した。

さらに、ベロの内側とシューズ本体を一体にすることで、足にあたる段差を少なくし、より足にフィットする構造にしている。

また、裸足のように足指を使って歩けるよう、足の裏の3つのアーチサポートからなる「発育インソール」を採用し、健全な足の発育をサポートする。

サイズは16.0〜22.0cmで4歳〜10歳向け。ブルー、ピンク、グレーの3色がある。税込みで5565円。