<国内男子賞金ランキング>
 国内男子ツアーは2013年の全日程を終了して賞金ランキングが確定。最終戦で劇的なツアー初優勝を達成した宮里優作は自身最高位となる賞金ランク7位でシーズンを終えた。賞金王は最終戦を欠場した松山英樹、2位は金亨成(韓国)、3位は08年以来のツアー優勝を達成した片山晋呉が入った。
宮里優作、悲願成就を支えた家族の絆
 選手会長としても奮闘した池田勇太は9位、今季初優勝の川村昌弘が11位、小平智は12位で飛躍のシーズンを終えている。
【国内男子賞金ランキング】
1位:松山英樹(201,076,781円)
2位:キム・ヒョンソン(125,824,405円)
3位:片山晋呉(112,557,810円)
4位:小田孔明(112,506,906円)
5位:S・J・パク(93,402,445円)
6位:谷原秀人(91,134,436円)
7位:宮里優作(78,688,291円)
8位:呉阿順(78,347,975円)
9位:池田勇太(78,056,124円)
10位:藤本佳則(69,598,515円)
11位:川村昌弘(66,566,788円)
12位:小平智(62,034,804円)
<ゴルフ情報ALBA.Net>