父・優さんと歓喜の抱擁!父にとっても待ちに待った初優勝だった(撮影:福田文平)

写真拡大

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇8日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の最終日。宮里優作のツアー初優勝を前日に沖縄から急きょ駆け付けた父の優さんも目の前でわが子の歓喜の瞬間を見届けた。
宮里優作の1打速報で初優勝を振り返る!
 3打リードで18番を迎えた時、優さんも緊張を隠せなかった。グリーンが空くのを待つ間もせわしなく動き、優作がティショットを打つ前には妻の豊子さんから渡されたお茶でのどを潤した。ホールアウト後に優さんはグリーンサイドで優作と涙の抱擁。「長かった。みんなの期待があっただけに長く感じました。よく辛抱したと思う。ガマンしただけ勝利の女神がウインクしてくれた」とプロ転向からの長い時間を思いながら次男をたたえた。
 今大会開幕前には優作からパッティングのアドバイスを求められていたが「自分で考えろ」と突き放していた。しかし、息子の調子の良さを感じ取っていたがゆえ。「スイングもパッティングも良くなっていたのでいけるかなという感じはしていた」。最後の劇的チップインには「勝つときはあんなもんなんだよね」と笑顔を見せた。
 かつてはパッティングストロークに関して意見が親子で食い違うこともあったが、親子は信頼しあうコーチと選手という関係でもある。この日の優勝は子供の頃から頂点を目指してきた長い時間の結晶でもあった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
宮里優作、払しょくした勝負弱さ きっかけは青木の言葉
藍、優作Vに涙「カッコよかった」
宮里優作、悲願成就を支えた家族の絆
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング