ディオール オム、アジア初のオーダースーツを銀座で開始

写真拡大

 「Dior Homme(ディオール オム)」が、アジアで唯一となるメンズスーツとシャツのメイド・トゥ・オーダーを銀座店で12月7日から開始した。スーツ地は300種類以上、シャツ地は150種類以上から選択が可能で、イタリアで仕立てられる。

ディオール オム 銀座でオーダースーツ開始の画像を拡大

 「Dior Homme」のメイド・トゥ・オーダーは、パリやロンドンなどの限定店舗で実施されているサービスで、日本では銀座店が初めて。店内にオーダースーツのスペシャリストが常駐し、採寸や生地の選定など約2時間をかけて接客する。「Dior Homme」ならではのモダンなシルエットを提供するためにあえてフルオーダーではなく、スーツは16型、シャツは14型の基本パターンとカラー(襟)やカフスのデザインが用意され、ジレのオーダーも可能。「Dior Homme」が提供しているスーツの通常サイズは48までのところ、オーダーでは44から60まで幅広い体型に対応する。スーツは47万円から、シャツは9万7千円からで、ジャケット単品のオーダーは30万円代から。熟練の職人によって仕立てられ、約8週間で手元に届く。

■ディオール銀座
 住所:東京都中央区銀座5-6-1 銀座5丁目中央ビル