Pontaポイントをもっとも効率よく活用する方法は? 「Ponta Premium Plus」の利用&提示で貯めて ローソンの「お試し引換券」で商品に交換しよう!

 2010年3月にサービス開始した「Pontaポイント」。

 2013年8月時点でなんと会員数は5703万人に急増し、日本国民2.5人に1人が利用している計算になります。今回は、「Tポイント」を凌ぐ人気の共通ポイントに成長した「Pontaポイント」のお得な貯め方、使い方を紹介したいと思います。

Pontaポイントを貯めるなら「Ponta Premium Plus」がおすすめ!

「Pontaポイント」も前回紹介した「Tポイント」と同様に、Pontaカードを「提示するだけ」でポイントを貯めることができます。

 Ponta加盟店でPontaカードを提示すると、100円につき1Pontaポイント(お店によっては200円につき1Pontaポイント)貯まり、1ポイント=1円として使えます。「提示するだけ」でポイントを貯めるだけでなく、決済でも「Pontaポイント」を貯めて2重取りするのが有効です。

 決済でPontaポイントを効率良く貯められるクレジットカードはジャックスが発行している「Ponta Premium Plus」です。

■Ponta Premium Plus
還元率 1.0〜2.0%
発行元 ジャックス
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(5万円以上で次年度無料)
家族カード あり(初年度無料、2年目以降400円(税抜)。本会員が年会費無料の条件を満たせば家族会員も無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA

 この「Ponta Premium Plus」は、Pontaカードにクレジットカード機能も付属しているカードです。前回、紹介した「ファミマTカード」+「Yahoo! JAPAN JCBカード」のように2枚使う必要はなく、1枚のカードで提示+決済までできますのでスマートですね。

「Ponta Premium Plus」のクレジット機能は、月額利用金額100円につき1 Pontaポイント付与、年会費は初年度無料、年間利用額が5万円以上で翌年も無料となります(それ未満は2000円(税抜))。毎月5000円程度の利用で年会費が無料となるので使いやすいクレジットカードと言えます。

 また、毎年7月と12月のクレジット利用金額に応じてボーナスポイントも獲得できます。対象月の月間利用金額が10万円を超えると0.5%上乗せ、20万円を超えると1%上乗せと若干ハードルが高いので、大きな買い物がある場合は7月または12月に合わせて購入するとボーナスポイントも獲得できますね。

 ただし、ローソンに限って言えば、「Ponta Premium Plus」を提示することで「提示ポイント」は付与されますが、決済による「クレジットカードのポイント」は付与されないので要注意です。ローソンでは「Ponta Premium Plus」を「提示」して、ほかのクレジットカードで「決済」することで「ポイントの2重取り」が可能になります。

Pontaポイントは、ローソンの「お試し引換券」と交換するのが得!

「Pontaポイント」のお得な使い方は、ローソンの「お試し引換券」に交換することです。

 この「お試し引換券」は、毎日商品が変わるのですが、少ないポイントでポイント以上の商品が手に入るのです。例えば、本来は300円(税抜)の商品を100ポイントで交換できたりします。

 普通に「Pontaポイント」をレジで利用すると1ポイント=1円として使えますが、お試し引換券の場合は1ポイント=3円程度で利用でき、ポイントの価値が一気に3倍になります。

「Pontaポイント」を「お試し引換券」に交換するのは簡単で、ローソンにある「ロッピー」という端末にPontaカードを通します。画面上の「クーポンを発券する」項目の「一覧から発券する」を選択し、後は商品を選んで画面上でタッチ。引換券が下から出てきますので、そちらと商品を一緒に持ってレジに行くだけです。

 しかし、レジでさらにポイントを獲得することも可能です。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)