写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユナイテッド航空(本社:シカゴ)は米国時間12月2日、同社の米大陸横断路線「プレミアム・サービス(以下、p.s.)」で運航するボーイング757−200型機全15機の、大規模改修を完了したことを発表。これにより、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港とサンフランシスコ国際空港間、及び、ジョン・F・ケネディ国際空港とロサンゼルス国際空港間の全フライトに、プレミアム・キャビンとフルフラットベッドシートの搭載を完了した、初めての航空会社になった。

○最大約190cmの就寝空間を確保

今回、改修が完了した「p.s.(プレミアム・サービス)」機材のユナイテッド・ビジネスファーストでは、フルフラットベッドになるシートを28席提供。フルフラット時には最大6フィート4インチ(約190cm)の就寝空間を提供するほか、より広い収納スペースも確保する。また、足元の空間が一段と広がったユナイテッド・エコノミープラスを42席、ユナイテッド・エコノミーには72席のシートを用意する。

長距離国際路線と肩を並べるフライトを、米国内線においても提供できるよう改修されたユナイテッド航空の「p.s.」運航機材では、以下のプロダクト(サービス)を提供する。

・機内Wi-Fi
・全席に搭載されたオンデマンド型エンターテインメントシステムでは、映画とテレビ番組数百本に加え、様々なエンターテインメントオプションを提供(ユナイテッド・ビジネスファーストでは15.4インチ、ユナイテッド・エコノミーでは9インチのモニター)
・電源とUSBポートを全席に用意
・ユナイテッド・エコノミープラスの座席のレッグルーム(足元の空間)を、以前のp.s.機材に比べ2インチ(約5cm)拡大
・ほぼ全便でユナイテッド・ビジネスファーストにおいてコース料理を提供
・同社のマスター・ソムリエ兼マスター・オブ・ワインである、ダグ・フロスト氏が厳選したワイン・セレクションを提供。ユナイテッド・エコノミーではプレミアム・ワインのハーフボトルを販売

そのほか、同社が以下の投資を実施している。

・米国本土を発着する、長距離国際路線の全機材のプレミアム・キャビンへ、フルフラットベッドシートの搭載を完了
・これまでに130機超の航空機に衛星Wi-Fiの搭載を完了し、2014年末までにはユナイテッド航空の主要路線機材のほぼ全機に搭載が完了する予定
・iOS7に対応した新モバイルアプリは、機能性の向上やタッチしやすいデザインに改良
・テレビの生放送が楽しめるディレクTVを200機超搭載
・シカゴ・オヘア国際空港第2ターミナル、シアトル・タコマ国際空港、サンディエゴ国際空港の、同社の空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」を改装。アメニティをより充実させ、内装を近代的なデザインに変更。また、電源コンセントの数も増やし、従来の無料のスナック、Wi-Fiとともに快適性を向上