6日、日本の人気アニメ「ドラえもん」が台湾の独立行政機構により、2013年度下半期の「子供の鑑賞に適したテレビ番組」アニメ部門のトップに選ばれた。

写真拡大

2013年12月6日、日本の人気アニメ「ドラえもん」が台湾の独立行政機構により、2013年度下半期の「子供の鑑賞に適したテレビ番組」アニメ部門のトップに選ばれた。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

台湾の独立行政機構で、通信・放送事業を管轄する国家通訊傳播委員会(NCC)が発表したもの。2013年下半期における7〜12歳を対象にした「子供の鑑賞に適したテレビ番組」アニメ部門で、「ドラえもん」がトップに選ばれた。また、10〜12歳を対象にした同部門では、「名探偵コナン」と「宇宙兄弟」がトップ。日本発のアニメが大活躍している。

台湾でも国民的アイドルの「ドラえもん」は大手テレビ局・華視(CTS)が放送しているが、過去18年間において同放送時間帯の視聴率トップを独走中。子供に安心して見せられ、さらに夢を与えるアニメとして、保護者からの支持も非常に高い。CTS局の中で「ドラえもん」は、「華視一哥(CTSのトップ俳優)」と呼ばれるほどだ。

台湾における「ドラえもん」は、かつてのタイトルは「小叮[口當](シャオディンダン)」だったが、現在は日本語の発音に合せた「多[口拉]A夢」に。のび太は「大雄(ダーション)」、ジャイアンは「胖虎(パンフー)」、スネ夫は「小夫(シャオフー)」の名で知られている。(翻訳・編集/Mathilda)