スターウルフの一場面。キャプテン・ジョウ役の宍戸錠(右)ら(C)円谷プロ

写真拡大

特撮で知られる円谷プロダクションは、2013年4月に迎えた創立50周年を記念して同プロ制作の数々の作品をDVD化しているが、年明け早々の14年1月10日に、1978年に放送された本格SFドラマ「スターウルフ」をリリースすると発表した。

1978年放送の「スターウルフ」

「スターウルフ」は、78年4〜9月の毎週日曜夜に日本テレビ系で計24話が放送された。「未知との遭遇」や「スター・ウォーズ」など映画で起きたSFブームをうけて制作れ、当時新人だった東竜也が主演、作品のカギを握る「キャプテン・ジョウ」を宍戸錠が演じたほか、高橋長英、谷川みゆき、山本昌平らが脇を固めた。

「ウルトラQ」「ウルトラマン」などテレビの「ウルトラマンシリーズ」を制作した円谷プロは、"特撮の神様"と呼ばれ「ゴジラ」や「モスラ」など数々の怪獣映画を作ってきた円谷英二が1963年に設立(当時は円谷特技プロダクション)。「スターウルフ」は、その15周年となる年に制作された。

スペースオペラの大家である米SF作家、エドモンド・ハミルトンの小説を原案とし、ロケット開発の父と呼ばれた工学者、糸川英夫博士が監修にあたり、ウルトラシリーズで撮影を担当した佐川和夫氏が特技監督を務めるなど、一流のスタッフが顔をそろえた。

14話目から「宇宙の勇者スターウルフ」に改題

シリーズは、キャラクター同士の葛藤や政治劇を硬質なタッチで描いた本格SF連続ドラマとしてスタート。14話目からは「宇宙の勇者スターウルフ」と改題され、より明快な1話完結シリーズとしてエンターテインメント性が高い作品となったという。

「スターウルフ」DVD-BOX1は、「復刻 円谷TVドラマライブラリー」レーベルから発売。3枚組で13話を収録。価格は1万1400円(税別)。リュウ役の高橋長英インタビュー、各話ガイドなどのブックレットが封入特典として付き、映像特典として、"ヒメ"役を演じた谷川みゆきが当時の心境、作品にまつわるエピソードを語るインタビューを収めたスペシャルディスクが付く。

残る11話を収録した「スターウルフ」DVD-BOX2は、3月に発売予定。