人工授精という選択肢はありか

ざっくり言うと

  • 人工受精子や体外授精、代理母などが大きな議論になっている
  • 抵抗のある人もいるが、すでに約40人に1人は体外受精で生まれている
  • 受精卵の管理費が安価でないが、晩婚化にともない希望する夫婦は今後も増えそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング