オシャレ系居酒屋を運営する「きちり」などが優待を新設

 株主優待を新たに導入する企業が相次いだ2013年。締めくくりの12月優待にも、新設銘柄が複数ある。【表1】では、その中から5銘柄をピックアップした。

【表1】12月の新設優待

会社名(コード)
優待確定月
主な優待内容 最低投資
金額
優待/予想配当
利回り
きちり(3082)
12月
100株以上で、自社運営店舗で利用できる優待券3000円分、またはGABAライス3キロ分 11万700円 2.71%
1.36%
【備考】優待券は「KICHIRI」などの自社運営店舗で利用可
楽天(4755)
12月
100株以上で、東北楽天ゴールデンイーグルス主催の公式戦への招待または優待、楽天市場で使える800円相当のクーポンなど 15万4000円
0.26%
【備考】ほかに、楽天選手のサイン入りグッズ(抽選)、楽天koboのコンテンツ購入に使える1500相当のクーポンなども。公式戦関連優待の詳細は検討中
ピーエイ
(4766)
12月
1000株以上で新潟県魚沼産コシヒカリ5キロ 25万円
メディアフラッグ
(6067)
12月
100株で1000円相当、1000株以上で3000円相当の菓子詰め合わせ 6万円 1.67%
【備考】菓子は、子会社が運営する「十勝甘納豆本舗」「菓心たちばなや」の商品を予定
バリューHR
(6078)
12月
100株以上で、自社運営カフェテリアプラン(福利厚生サービス)の初年度年会費無料(6000円分)及びカフェテリアポイント5000円分 32万9500円
0.76%
【備考】カフェテリアポイントは、カフェテリアプランの健康診断や各種健康関連サービスで利用可能
※優待内容、最低投資金額、利回りは12月3日終値時点

 まず注目したいのは、オシャレな和食ダイニングの「KICHIRI」などを展開するきちり(3082)。昨年、「丸の内タニタ食堂」のプロデュースでも話題になった外食産業だ。

 投資金額は11万700円(12月3日の終値で計算、以下同じ)と比較的手頃で、自社店舗で利用できる3000円分の優待券がもらえる。現在、店舗は関西圏と東京、神奈川のみだが、優待券の代わりにGABAライス3キロを選ぶこともできる。

 なお、きちりは来年1月1日付けで1:2の株式分割を実施するが、分割後の優待内容については今のところ発表されていない。

 楽天(4755)の優待は、東北楽天ゴールデンイーグルスの公式戦への招待(抽選)または優待価格での観戦チケット提供や、選手の直筆サイン入りグッズ(抽選)などで、楽天ファンなら気になる内容。

 さらに、楽天市場で使える800円分のクーポン、楽天kobo(電子書籍端末)でのコンテンツ購入用の1500円分のクーポンなど、楽天のサービスを利用する人には役立つ優待となっている。ただし、公式戦招待(または優待)に関する詳細は現在検討中とのことなので、最新情報を逐次チェックしてほしい。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)