トラサルディ新デザイナー来日 アニメーションムービー世界初披露

写真拡大

 「TRUSSARDI(トラサルディ)」が「グレイハウンド」ロゴの誕生40周年を記念して東京・青山のレストラン「Two Rooms」でカクテルパーティーを開催し、新クリエイティブディレクターのGaia Trussardi(ガイア・トラサルディ)が就任後初来日した。会場ではアニバーサリーを祝うショートムービー「SKY WATCHER」が世界初披露され多くのゲストで賑わった。

トラサルディ新デザイナー来日の画像を拡大

 9月にミラノで発表された2014年春夏コレクションでデビューを飾ったGaia Trussardiは、創立者Dante Trussardi(ダンテ・トラサルディ)のひ孫にあたる人物で、来日は10年ぶり2度目。世界に先駆けて国内で公開したショートムービー「SKY WATCHER」について「グレイハウンドは好奇心とエレガンスの象徴。だからこそモダンな楽しい方法でお祝いしようと決めました。初めて見た時には気持ちに触れるものがありました」と話し、歴史あるブランドのクリエイティブディレクターとして今後は「ライフスタイルに根付いた製品の提供を続けていきたい。今日のブランドのありようは歴史が築いてきてくれたと思っているので、伝統を大切にしながら、一方で伝統に一撚り加えて新しい時代にあった面白さを演出していきたい」と抱負を語った。

 「SKY WATCHER」は、「PRADA(プラダ)」をはじめ「VERSACE(ヴェルサーチ)」や「Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)」などを手がけるヴィジュアルエフェクトマスターJames Lima(ジェームズ・リマ)がディレクションを務め、日本人イラストレーターのユーコ・シミズ(清水裕子)がアニメーションを担当。星座のうさぎ座といぬ座をモチーフにしたアニメーションストーリーで、ドゥモ教会やポモドーロ建築などのミラノならではの景色をバックに、星空から降りてきたうさぎ座がグレーハウンドと共に街中を夜明けまで駆け回る様子が描かれている。サウンドトラックは、ミュージシャン兼レコードプロデューサーでイギリスのカルトポップ「PULP」のオリジナルメンバーSteve Mackey(スティーブ・マッキー)が制作した。