七勲杯を告知するMaru-JanのHP

写真拡大

徹底したリアル志向で知られるオンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan(マルジャン)」で2013年12月5日から、14年1月31日までを期間とする2年越しの大会「麻雀七勲杯」は始まった。Maru-Janを制作した開発会社、シグナルトークが主催。同社が主催して13年8月にファイナルが行われた「全国麻雀選手権」には、4万6351人が参加しており、今回も多数の参加者が見込まれる。

7連勝賞で10万円分の商品券

複数回対戦し総合成績で競った「全国麻雀選手権」と異なり、「七勲杯」は連勝数を競う新しい形の麻雀競技大会。7連勝を達成した人には最高賞のギフトカード10万円分が、6連勝で5万円相当のノートパソコン、5連勝でギフトカード5000円分、4連勝でギフトカード1000円分が、それぞれ先着100人に賞品として授与される。

参加はMaru-Janのサイトからログインして、「参加する」ボタンを押してエントリー。対局に必要な150ポイントを受け取り、既定の卓に着く。参加費や登録料はなし。着いた卓で1位になれば次戦は無料なので、連勝中で「無料」状態が続く。

Maru-Janは04年4月に正式サービスを開始。公式ホームページの会員は60万人にのぼるという。