『愛しのフリーダ』

写真拡大

THE BEATLESの秘書フリーダ・ケリーのドキュメンタリー映画『愛しのフリーダ』が、12月7日から東京・角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

1961年にイギリス・リバプールのキャヴァーン・クラブで偶然THE BEATLESのライブを目撃し、メンバーたちと親しくなったことをきっかけに、17歳で同バンドおよびそのマネージャーであるブライアン・エプスタインの秘書を務めることになったフリーダ。

同作は、バンド解散後は沈黙を守り続けてきたフリーダが、THE BEATLESや当時の仕事について語った作品。メンバーだけでなくその家族たちからも慕われ、解散までの11年間にわたって影で支え続けた彼女の証言を通じて、THE BEATLESと彼らを取り巻く人々の姿や、彼女が過ごした青春を浮き彫りにしていく。