写真提供:マイナビニュース

写真拡大

西日本鉄道は、西鉄電車沿線のウォーキングイベント「レールあんどハイク」の新年第1弾企画として、普段立ち入ることのできない仮線路への立ち入りを含む「三兼池公園&春日公園散策コース」を2014年1月25日に実施する。

この仮線路は、2021年度の事業完了をめざして作業を進めている天神大牟田線連続立体交差事業(高架化事業)にともない設置しているもので、工事が進むと将来的に撤去されることになっている。今回のイベントでは、白木原〜下大利間の仮線路約0.5kmを含む全長約6.8kmの道のりを、約1時間30分かけて歩くことになっている。

レールあんどハイク「三兼池公園&春日公園散策コース」は参加無料で、事前申込も不要。参加希望者は1月25日10〜11時の間に白木原駅東口の受付場所に集合し、受付を済ませる必要がある。参加者には、ドリンクのプレゼント(受付時・ゴール時各先着500名)や完歩記念写真プレゼント(ゴール先着100名)などの特典が用意される。

なお、仮線路は足もとが不安定なことから、運動靴での参加が必須とされ、ベビーカーでの参加は不可。仮線路上では安全確保のため、ヘルメット着用が義務づけられる。

(佐々木康弘)