<ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目◇6日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 東京よみうりカントリークラブで開幕した男子国内ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の2日目。全選手が前半を終え、初日4アンダーで首位に立った宮里優作が3連続を含む5バーディ・1ボギーでラウンド、スコアを4つ伸ばし通算8アンダーで単独首位に躍り出た。
 その宮里と2打差の通算6アンダー2位タイにはイ・キョンフン(韓国)と呉阿順(ゴ・アジュン)(中国)の2人が並び、続く通算3アンダー単独4位に近藤共弘がつけた。さらに片山晋呉、小平智、藤本佳則、谷原秀人の4人が通算2アンダーで5位タイグループを形成している。
 初日乱調で最下位となったディフェンディングチャンピオンの藤田寛之はこの日5バーディ・2ボギーの“67”をマーク、3つ戻し通算2オーバー18位タイに浮上した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
滑り込み出場の宮里優作が首位タイの好スタート
宮里優作の1打速報を配信中!
森田理香子が観戦も…藤田寛之、苦悶の最下位タイ
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング