Screenshot_2013-12-05-22-18-29

写真拡大 (全5枚)

こんにちは。

どうにもこうにも仕事が遅い私。

見通しの甘さ、体力過信、集中力欠如、他いろんな原因があります。

が、終わらせないわけにはいかないし、このままだと明日無職になってもおかしくない。

そこで今夜は30分刻みで締切を設定し、動くことにしました。

ぐずでのろまな亀の私、スマホのタイマーを使うことで少しは仕事が速くなるでしょうか?

 

【目標スケジュール】

●20時半〜21時=原稿書きつつ、業務メールを全部終える

●21時〜21時半=食事の支度・食事・後片付け・家事

●21時半〜22時=買い出しに行って帰ってくる

●22時〜22時半=原稿A執筆

●22時半〜23時=原稿B執筆

●23時〜23時半=原稿A直し

●23時半〜24時=原稿C執筆

●24時〜24時半=テープ起こし開始or予備の時間(原稿A対応)

 

で、30分締切行動法を実行するにあたり、スマホのタイマーを使うことにしました。

 

これです。

 

友人A子ちゃんより「アラームを使っては?」という提案もありましたが、アラームだと時間を設定しないといけません。

それがタイマーだと、30分後に設定して、30分経ったところで設定をし直す必要がなく、30分タイマーを再び「開始」ボタン押せばまたカウントダウンが始まります。

 

要は、一刻を争う30分刻み行動法では、「タイマー」のほうが時間を節約できるのです。

 

【タイマー設定方法】

スモールアプリ等からタイマーを出し、「時間設定」をタップ。

 

30分に時間設定して「完了」。

 

では。

タイマーを使った「30分刻み行動」、スタート!

 

【目標1】

20時半〜21時=原稿書きつつ、業務メールを全部終える

【結果】

業務メールは1本しか送れず…。

 

【目標2】

21時〜21時半=食事の支度・食事・後片付け・家事

【結果】

タイマーをセットするのをしばらく忘れ、21時8分からスタート。

21時30分の時点で、食事の支度が完了。残り7分15秒!

残り1分33秒の時点で、ようやくテーブルに食器を運び込む。

残り1分から、食事スタート。大幅にずれ込んでいます。

 

【目標3】

21時半〜22時=買い出しに行って帰ってくる

【結果】

22時8分に食事が終わり、仕事を再開。買い出しは断念。

 

【目標4】

22時〜22時半=原稿A執筆

【結果】

残り1分25秒の時点でも、まだ終わらず。

 

【目標】

●22時半〜23時=原稿B執筆

【結果】

前の「目標」がずれ込み、引き続き原稿Aを執筆。

原稿作成のためスマホをいじっていたら、あろうことか、誤ってタイマーを消してしまう。

そして気づけば23時到来。

 

【目標】

23時〜23時半=原稿A直し

【結果】

引き続き原稿Aを作成中。

そろそろ原稿B作成に取り掛からねば…。

 

■実験結果・まとめ

でも、いつもよりは物事が順調に進んでいるような気がする。

何より、動くスピードが速い気が。

食事の支度のときも、お皿に料理を盛る腕の動きがいつもより速かったし、お皿運びも小走りで、食事自体には10分くらいしかかけなかった。

※注意:小走りでお皿を運ぶと危険です。実際、滑って転びそうになりました)

 

一つ一つの動作がスローな私、30分小刻みに動くのは効果的かもしれません。

そしてそのツールも、タイマーで正解でした。

アラームは普通に毎朝目覚ましで使っていて、あの音が「目覚まし」として脳にインプットされているから。

 

……と、気づけばもう23時8分。

あと22分で原稿C執筆の時間です。

とりあえず、寝るまで30分小刻み法は続けます。

結果はどうあれ、いつもより自分を速く動かしてくれたタイマーに感謝。