“略奪ガール”に聞く! 彼女持ちの男性を奪う方法4選「既成事実を作る」「彼女に浮気をさせる」

写真拡大

ときとして、彼女がいる人を好きになってしまうことはあるもの。「恋人がいるなら仕方がない」と諦めるか、それとも、「どうしてもあの人と付き合いたい!」と邁進するか……。今回は、彼女持ち男性のハートをゲットした“略奪ガール”のテクニックを聞いてみました。



■彼女よりも好みの女に
「好きな男性からタイプの女性像を徹底的にリサーチしました。話を聞いているうちに、今の彼女とは妥協して付き合ったのでは? と思うように。彼好みの女性になってアプローチをかけたらイチコロでした」(29歳/不動産)

ある意味、一番正当な方法なのかも? ただ、彼好みを目指したせいで、自分を押し殺すことにならないようにしたいですね。

■既成事実を作る
「私自身がお酒が強いので、男性を酔わせてお持ち帰りする。別にその日の夜に何もなくてもいいんです。朝、同じベッドにいれば、それだけでしばらくは私のことで頭がいっぱいになりますから」(26歳/化粧品)

要はどれだけ、相手に自分のことを考えさせるかがポイント。また、彼女がいる男性は自分から行動に出ないので、女性から押すのが効果的なんだとか。

■彼女に浮気をさせる
「付き合って間もないカップルならともかく、年月が経てば、心の隙間は自然とできてきます。彼女のほうを積極的に飲み会などに誘って、別の男性といい雰囲気にしてしまう。彼女に浮気をされたら、男性としてはかたなし。そこでやさしくなぐさめて、つけ入ります」(25歳/販売)

ある意味、誰も不幸になっていないのだから、よい方法と言えばそうなのかもしれません。ただし、彼女とも友だちでないととれない方法です。

■彼と秘密を共有する
「どんな些細なことでもいいから、彼と秘密を持つ。『彼女には秘密ね?』のひと言は意外と効きます。最初は本当にささやかなものだったのに、少しずつ重大な秘密にしていくのが手」(30歳/建築)

秘密という言葉自体にも甘美な雰囲気が漂います。それに惑わされた男性は、いつの間にか手中へ……。
 
“略奪ガール”たちがそろって言うのは、「彼女から好きな人を奪うという行為は、普段の恋愛の2倍も3倍も努力しなければいけない」ということ。また、「自分がそうしたように、誰かに奪われてしまうかもしれない、という意識は常にある」(29歳/不動産)というように、疑いの気持ちが芽生えやすいのだそうです。あなたは、それでも略奪をしたいと思うほど好きな男性はいますか?

(ふくだりょうこ+プレスラボ)