『進撃の巨人』公式サイトより。

写真拡大

 12月9日に発売を控えた『進撃の巨人』12巻(講談社)について、同作の公式ページで出されたアナウンスが、書店員らの間で波紋を呼んでいる。

『進撃の巨人』12巻は、通常版とDVD付き限定版が用意されており、共に今月9日発売の予定であった。だが、今回のアナウンスによると、通常版と限定版の発売日にズレが生じる地域が発生するという。この件について書店関係者は、発売が遅れる可能性があるのは限定版のほうだとし、そのズレについてこう説明する。

「『進撃の巨人』通常版は予定どおり12月9日に発売される見通しですが、限定版は物流の関係などで今月10日前後に書店に届く地域が出るようです。ただ、実はマンガの大型タイトルなどの場合、通常の配送とは異なる特別便が使われる場合があり、この特別便で書店に配送される単行本は、関西・東海・四国といった一部地域で公式の発売日よりも1日早く店頭に並ぶ仕組みになっています。今回の『進撃の巨人』12巻通常版も、この特別便を使っているため、このエリアでは販売が前倒しされているんです。元々の発売日である9日の前日が日曜日ということもあって、該当地域において通常版は7日から店頭に並ぶこととなるでしょう。そのため、限定版の配送遅延を受けて、四国などでは、通常版が7日に発売されながら、限定版の販売開始が10日前後となり、3日ものズレが生じてしまうようです」(書店関係者)

 通常版だけが先に店頭に並べば、限定版の存在を知らないファンが、知らないまま通常版を購入してしまうことも考えられる。その結果、書店は限定版を売るチャンスを逃すこととなり、限定版が欲しかったファンも気づかないまま買い逃してしまうという事態が危惧されている。

 限定版と通常版の発売がズレることはほかの作品でもままあったが、単巻で200万部近く売れる大ヒット作では異例のこと。さらに、限定版が先行する形でなく、通常版が先行することも、混乱やクレームにつながりかねない。今後、店頭での限定版販売遅延の告知など、書店員が対応に追われることは必至だろう。今回の事態は、ファンはもちろんのこと、販売開始に差が出る地域の書店にとって頭の痛い問題となりそうだ。