試合前に記念撮影!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇5日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」。今年も東京よみうりカントリークラブを舞台に開催されているが、例年とは少しだけ違う幕開けとなった。
藤田寛之の一打速報で大会初日を振り返る!
 多くの選手が口を揃えるのがグリーンの硬さだ。火曜日の練習ラウンドの段階から選手間でもグリーンの硬さは話題となっており、首位タイに立った近藤共弘も「練習ラウンドの時から“これどうするの”って感じだった」と例年との違いに目を丸くした。
 どの選手に聞いても聞こえてくるのはグリーンの硬さについての嘆きばかり。谷原秀人は「別のコースですね」、宮里優作も「サンドウェッジで打っても6歩くらいは行ってしまう」とマネジメントに頭を悩ませている。
 思い起こされるのが今年の「中日クラウンズ」。名古屋ゴルフ倶楽部・和合コースは例年よりも固く締まったグリーンに仕上がり、オーバーパーが続出。4日間でアンダーパーをマークしたのは優勝した松村道央と2位の松山英樹だけというガマン比べとなった。
 「中日―」では逃げ場のない難しさに一部の選手から不満の声が上がっていたが、今大会もこのままいけば同レベルの難しさに仕上がる可能性もある。今大会はビッグスコアが飛び出すことによる逆転劇も多く生まれてきたが、今年のシビアなセッティングはまた違った最終戦を演出することになりそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
開会式に長嶋茂雄氏がサプライズ登場!選手にエール
森田理香子が観戦も…藤田寛之、苦悶の最下位タイ
“6日間”の死闘「ファイナルQT」が明日開幕!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング