<ファイナルQT 初日◇5日◇COCOPA RESORT CLUB白山ビレッジGCキングC・クィーンC>
 来季ツアーの出場権をかけたファイナルクォリファイングトーナメント(ファイナルQT)が三重県にあるCOCOPA RESORT CLUB白山ビレッジGCのキングCとクィーンCの2コースを舞台に開幕。このファイナルQTには202名の選手が出場、4日間の予選ラウンドと2日間の決勝ラウンドの計6日間108ホールのストロークプレーで行われ、その順位によって来季のレギュラーツアーおよびチャレンジトーナメントへの出場資格ランキングがつけられる。
 そんな大会初日、池村寛世と今季賞金ランキング82位でシード権を失った細川和彦の2人が“65”をマークし7アンダーでトップに立った。続く6アンダー3位タイには市原弘大、佐藤和夫ら8人が並ぶ。
 また、今季レギュラーツアーのシード権をなった選手で原口哲也は5アンダー11位タイ、室田淳は4アンダー22位タイとまずまずの位置につけた。また、宮里聖志は1オーバーの142位タイと出遅れている。
 
 好発進を切った選手、出遅れた選手と様々だが、来シーズンをかけたサバイバルはまだ始まったばかりだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子が観戦も…藤田寛之、苦悶の最下位タイ
開会式に長嶋茂雄氏がサプライズ登場!選手にエール
生活かかった「トライアウト」で誰を応援?
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング