<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇5日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 国内男子ツアーの最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」が今年も東京よみうりCCで幕を開けた。初日を終えて宮里優作、近藤共弘、藤本佳則の3選手が4アンダーで首位タイ、1打差の4位タイには山下和宏、谷原秀人らがつけている。
藤田寛之の一打速報で大会初日を振り返る!
 開幕前には選手も知らなかったサプライズもあった。今大会は例年スタート前に開会式を行っているが、そこに読売巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄氏が登場。アナウンサーのコールと共に呼び込まれてくる選手1人1人と握手を交わして最終戦へのエールを送った。
 長嶋氏は青木功らと談笑して一足先にコースを後にしたが、野球少年だった近藤が「青木さんと一緒に写真を撮ってもらいたかったのにー」と残念がれば、藤本は「僕らなんか本当は握手もできない。それができて若干喜んでますね」とにんまり。憧れのミスター登場に誰もの気分が高揚した。
 長嶋氏は関係者を通じて「各大会のチャンピオンと賞金上位の選手が集まって、技を競う。まさに日本シリーズですね。歴代の名手が熱闘を繰り広げてきたのも懐かしい思い出です。今年で半世紀を迎えた伝統ある大会に若い選手たちも加わって大いに盛り上げてほしいですね」とコメントを発表した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、欠場に改めてコメント「ゴルフができる状態ではない」
4連覇に挑む藤田寛之、「また何かを思い出せれば…」
“6日間”の死闘「ファイナルQT」が明日開幕!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング