クリックで

写真拡大

ローン減税や給付金で増税後のほうがトク!

 増税前の駆け込み消費は避けたほうがよさそうだ。特に住宅の場合、その傾向は強い。

 14年3月末までの5%時に契約した物件でも、14年3月末までに引き渡されない限り税率は8%が適用されるので、慌てて購入しても意味がない。

 むしろ救済措置として従来の最大200万円から最大400万円へ倍増された住宅ローン減税や、新設される「住まい給付金」のおかげで、8%増税後に購入したほうがトクなケースが増えている。

 みずほ総研の試算では、一般的な住宅購入ケースでは、年収800万円以上および年収400万円台の世帯では、8%増税後に購入したほうがトクになる。例えば年収800万円の人なら、5%の時より8%の時のほうがトータルで52万円もトクをする。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)