11月3、4日の東日本選手権で2位に入り12月21日からの全日本選手権の出場権を獲得して、ソチ五輪への夢をつないだ安藤美姫(※)。東日本ではショートプログラム(SP)13位という想定外の発進ながらも、フリーではトップの得点を叩き出して存在感を示した。
※ソチ五輪の女子の枠は3。代表選考基準は、ひとりは全日本優勝選手が獲得。ふたり目は、全日本の2位、3位と、GPファイナルの表彰台最上位選手の中から選ばれ、3人目はふたり目の選考で漏れた者と、全日本終了時の世界ランキング上位3名とISU公認大会の得点上位3名の中から選ばれる

 その後、より良い練習環境を求め、9月に正式にコーチとなったボルター・リッゾ氏の地元、イタリアで練習を重ね、国際試合2試合を経て12月21日からの全日本選手権に臨むスケジュールを立てている。

 11月22、23日には、オーストリアのグラーツで開催された「アイスチャレンジ2013」に出場し、SPでは関東選手権を0・5点上回る56・78点を出して1位と上々の滑り出しだった。

 GOE(技の出来ばえ)で少し減点はされたが、3回転トーループ+2回転トーループの連続ジャンプと、不安を残している3回転ルッツを決め、さらに、滑りは今季これまでよりかなりスピードが増していた。また、筋力不足の影響で不安定だったスピンもスピードのある回転になり、中盤のフライングシットスピンとチェンジフットコンビネーションスピンは最高のレベル4に認定されている。

 安藤は、東日本選手権で「技術的な部分は練習できているので、あとは弱っている脚の筋肉の強化が第一。トレーニングもちゃんとできるようになったので、これからは氷上で強化して、氷の上でも自信を持てるようにしていきたい」と話していたとおり、イタリアでの練習で課題を少しずつ改善している姿を見せた。また、試合では成功しなかったが、SP前の公式練習では3回転+3回転も成功させていた。

 だが、フリーでは不運に見舞われた。6分間練習の直前、スケート靴を履く時に「春先に練習を始めた時にひねってしまったところと同じところ」という左足首をひねってしまったのだ。イタリアに行き、練習量が増えた影響もあったのかもしれない。

「棄権を考えるほど痛かった」と話す安藤だが、自分を招待してくれた大会関係者の気持ちに応えたいと演技を強行した。

 そのフリーの演技では、最初の3回転ルッツでは着氷が乱れて手を突いたものの、続く3回転ループをきれいに決めると、フライングシットスピンはスピードのある回転でレベル4を獲得。さらにダブルアクセル+2回転トーループの連続ジャンプも決め、チェンジフットコンビネーションスピンでもレベル4を獲得した。

 だが、連続ジャンプを予定していた次の3回転ルッツで転倒。そして3回転サルコウのあとの3回転トーループでも転倒してしまい、続くダブルアクセルは跳ぶのを見送ることに。結局、要素点は東日本選手権を11・53点も下回る41・71点に止まり、得点は94・12点。合計点は150・90点で2位に終わった。

 だが、フリー前の公式練習での調子は上向きで、不安を持っていた3回転ルッツもしっかり跳べていた。そんな状態だったからこそ、「試合直前のアクシデントが悔しかった」と安藤は言う。

 グラーツでは収穫もあった。まず、東日本選手権の時とは違い、フリーを滑り切るスタミナが付きつつあることが確認できた。さらに、左足に痛みがあっても演技に挑戦できたことや、フリープログラムにルッツを2回入れられたことで、「メンタル面でも少し強くなれたのでは」と手応えをつかんだ。

 安藤の次の試合は、キム・ヨナ(韓国)も出場する12月5日からの「ゴールデンスピン」。クロアチアのザグレブで開催されるこの大会で、安藤は世界女王との対戦を楽しみにしている。

 12月下旬の全日本選手権へ向けて、安藤が目指す「2シーズン前のレベル」に戻るまでまだ時間がかかりそうな状況だが、東日本選手権までの今シーズンの3戦と比べると、グラーツでの演技は滑りもスピンもはるかにスピードが上がり、ステップでも表現を意識できる余裕が持てるようになってきている。

 練習用のリンク探しが困難な国内を避けてイタリアへ行き、リッゾコーチとじっくり練習ができることで、筋力回復も順調にいっているようだ。

 ザグレブでのキム・ヨナとの戦いでは、現時点での世界のトップスケーターとの実力差がどのくらいなのかを測れるはずだ。全日本選手権で五輪代表の座を争うためにも、その結果をしっかりと受け止め、「いかにその差を詰めていくか」を考えていくしかない。

 筋力を取り戻してスピードが復活しつつある今、もう一歩のところまで来ているジャンプを安定させ、自信を持って試合に臨めるようになれば、全日本でも十分戦えるはずだ。

 目の前にあるハードルを越えるため、そして、ソチ五輪出場という目標を達成するために必要なことは、彼女が自分自身との戦いに勝つことにほかならない。全日本選手権まであと2週間。彼女の本当の精神力の強さと、元世界女王としての意地を見せてもらいたい。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi