シェフこだわりの、風味豊かな燻製料理も楽しめる!

写真拡大

貝印は、日本の中国料理界をけん引する人気シェフ、脇屋友詞氏がプロデュースしている「Chinese cuisine Wakiya」シリーズの新たなラインアップとして、万能中華鍋「脇屋匠鍋」を、2013年12月5日に発売した。

さまざまな料理にチャレンジ

3年の開発期間をかけて、試行錯誤の末に完成した蒸し・燻製器がセットになった画期的な中華鍋。この鍋1つで、炒める、茹でる、煮る、揚げる、焼く、蒸す、燻製の7種類の調理法を自在に操りながら、さまざまな料理にチャレンジすることができる。なかでも、最近注目されている風味豊かな燻製料理まで楽しめる点は、香りを生かした料理を得意とする脇屋氏が、とくにこだわった。

キャベツが丸ごと入る直径28センチの中子と鍋の内側に、金属表面に繊維状の凹凸を浮き立たせたファイバーライン加工が施され、油なじみがよく、従来の鉄製の鍋に比べて焦げ付きにくくなっている。

また底面は直火、IHのオール熱源対応。女性でも持ちやすいように、持ち手の反対側に補助ハンドルを付けるなど、きめ細やかく配慮し、家庭のキッチンでも使用しやすい機能的なデザインに仕立てた。

価格は、中華鍋と蓋、蒸し・燻製器、レシピをセットした「脇屋匠鍋 蒸し燻製兼用セット」が1万500円。中華鍋、蓋、レシピのセット「脇屋匠鍋」は8400円。