マルジェラ、初のメンズフレグランス発売

写真拡大

 「Maison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)」から、メゾン初となるメンズのフレグランス「ジャズ クラブ」が登場した。「レプリカ」フレグランスのコレクションの1つで、「ジャズ クラブ」の他に「レイジー サンデー モーニング」「プロムナード イン ザ ガーデン」も合わせた計3種類が販売される。取り扱い店舗は直営店全店舗とDOVER STREET MARKET GINZA(ドーバーストリートマーケット ギンザ)。

マルジェラ 初のメンズフレグランス発売の画像を拡大

 「レプリカ」フレグランスは2012年から展開しているコレクションで、今回初めてメンズのアイテムとなる「ジャズ クラブ」を発表。トップノートのプリモフィオーレレモン、ピンクペッパー、ネロリオイルから始まり、ミドルノートにセージオイル、ラムアブソリュ、ジャワベチバーオイル、ベースノートにスティラックス樹脂、タバコリーフ、バニラビーンへと変化していく香りは、「ブルックリンのプライベートジャズクラブでシガーを片手にゆったりとした雰囲気を楽しむイメージ」をコンセプトに制作されている。価格は10,500円(100ml)。

 「Maison Martin Margiela」は、1994年から毎シーズン、メンズとウィメンズの両ラインでカプセルコレクション「レプリカ」を発表。ヴィンテージの服やアクセサリーを同ブランドによる解釈で具現化したもので、それぞれのアイテムを忠実に再現。これまでに30点以上におよぶ服やアクセサリーの「レプリカ」が発表され、ラベルにはそれぞれオリジナルの用途や年代が記されている。