1980年代の農業・農村改革と経済体制の改革、「社会主義市場経済」を打ち出した1992年のトウ小平氏の南巡講話、2001年の世界貿易機関(WTO)加盟に続き、中国は今、新たな改革・開放に向けてまい進する絶好の機会を迎えている。11月に開催予定の中国共産党第18期中央委員会第3回全体会議を前に、行政体制の改革、金融体制の改革、投融資体制の改革、財政・税務体制の改革などに向けた具体的な政策は既に打ち出されており、特に注目すべきである。6日付中国証券報が伝えた。サーチナ

英紙「中国は大戦前夜のドイツ」

ざっくり言うと

  • 英紙は4日、防空識別圏を宣布した中国についてコラムを掲載
  • 「中国は第1次世界大戦を引き起こしたドイツと同じ失敗をする恐れがある」とした
  • 「破滅的な対立を呼び起こすリスクを抱えている」と警告している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング