トラサルディが「グレイハウンド」ロゴ40周年を祝うアニメーションムービー制作

写真拡大

 「TRUSSARDI(トラサルディ)」がブランドを象徴するロゴ「グレイハウンド」の誕生40周年を記念したショートムービー「SKY WATCHER」を制作し、12月5日からtrussardi.comで公開する。ヴィジュアルエフェクトマスターのJames Lima(ジェームズ・リマ)がディレクションを務め、日本人イラストレーターのユーコ・シミズ(清水裕子)がアニメーションを手がけている。

トラサルディのアニメーションムービーの画像を拡大

 「SKY WATCHER」は星座のうさぎ座といぬ座をモチーフにしたアニメーションストーリーで、「天国の一番輝く星のスピリット」を表現したという。ドゥモ教会やポモドーロ建築などのミラノならではの景色をバックに、星空から降りてきたうさぎ座がグレーハウンドと共に街中を夜明けまで駆け回る様子が描かれている。サウンドトラックは、ミュージシャン兼レコードプロデューサーでイギリスのカルトポップ「PULP」のオリジナルメンバーSteve Mackey(スティーブ・マッキー)が担当した。

 2011年にブランド創設100周年を迎えた「TRUSSARDI」は、同年デザイナーに就任したUmit Benan(ウミット・ベナン)の後任として、創立者Dante Trussardi(ダンテ・トラサルディ)のひ孫にあたるGaia Trussardi(ガイア・トラサルディ)を新デザイナーに起用。デビューシーズンとなった2014年春夏コレクションでは、伝統の中に新たな要素を織り交ぜたスタイルを披露した。