ナイキが遊び心満載の最新動画公開 革新的サッカーボールを披露

写真拡大

 「NIKE(ナイキ)」が最新技術を用いたサッカーボール「ナイキ オーデム」を発表し、同製品にフィーチャーしたショートムービー「ストレート・ダウン・ザ・ミドル」を公開した。マンチェスタ ー・ユナイテッド所属のサッカー選手Wayne Rooney(ウェイン・ルーニー)とゴルファーRory McIlroy(ローリー・マキロイ)が出演し、ゴルフコースを舞台にユニークなストーリーを繰り広げている。

ナイキ革新的サッカーボールのユニーク動画の画像を拡大

 公開から2日足らずでYouTubeの再生回数30万回を突破している「ストレート・ダウン・ザ・ミドル」は、異なるフィールドで活躍する2人が共演。Rory McIlroyは「ナイキ コバート2.0 ドライバー」を使用し、Wayne Rooneyは「ナイキ オーデム」を華麗に駆使しながら18コースを回る内容で、終盤にはサッカー元ブラジル代表のロナウドが特別出演し、Wayne Rooneyに重要なアシストをするなど遊び心を取り入れたショートムービーに仕上がった。

 今回発表された「ナイキ オーデム」は、つなぎ目がないパネルや空力学的に優れた「エアロートラックグルーブ」を使用。表面には回転すると点滅してるように見える「ナイキRaDaRグラフィクス」を施すなど、最新技術を組み合せて革新的なボールを開発したという。店頭とNike.comで2014年1月11日から販売予定。