アベノミクスや2014年からスタートする「NISA」など、経済や金融に関しての話題が盛り上がっている。興味はあってもなかなか踏み出せないまま、“今さら聞けない”用語や思い違いから、ますます遠ざかる人も少なくないのではないだろうか。

 そこで勘違いが多かったり、飲み会の席などで投資の話になった際“それがわかっているのは、デキるヤツだな”と思われるFX用語を絞り込んで紹介。イベント性の高いセミナーで顧客との距離が近く、ユーザーサポートの手厚さに定評のあるFXプライム byGMOのCS担当者・野口さんに、ポイントを教えてもらった。

【1】レバレッジ
 テコの原理のことで、小さい力(小額)で重いもの(大きな取引き)を動かす――ここまでは比較的知られているものの、この「レバレッジ」で大きな取引きができることが、「FXは損失が大きくなるので、怖い」と勘違いされがちなポイントでもある。

「レバレッジ25倍で1万ドルの取引きをする場合、1ドル100円と仮定して必要な保証金は4万円。その取引きで失敗した時の損失は、『1万ドル=100万円』にはなりません。FXは現物(100万円)取引きではなく、あくまで保証金(4万円)取引き。変動幅から発生する、“差金”のみのやりとりになります。

 1ドル100円で買ったものが、101円になったら、1万ドルで差益は1万円。その状態で決済すると、保証金の4万円プラス差益の1万円=5万円が手元に残ります。逆に99円に下がってしまった状態で決済すると、保証金の4万円マイナス1万円=3万円が手元に残り、1万円の損失――というのが基本的なFX投資の仕組みです」(野口さん)

【2】強制ロスカット
「ロスカット」とは、損失を確定させる決済取引き。上記の野口さんの説明を例にすると、「99円でロスカットした」ということになる。では円高が進んで80円になってしまった場合、マイナスは20万円で保証金よりも損失が大きくなってしまう。

「それを回避するのが『強制ロスカット』です。保証金に対して『含み損』――差金の損失が50%に達した時、強制的にロスカットすることで損失を限定的なものにする、FXならではの仕組みで、外貨預金にはこのような仕組みはありません。4万円の保証金だったら、2万円分――98円になった時点で強制ロスカットするため、2万円の損失で取引きを終えることになります。そのため保証金以上の損失が発生することは、基本的にはFXの場合ないですね」(野口さん)

 ここまでは、FXの基礎を理解するための用語だが、「よくわからないし、失敗したら大きく損をしそうで怖い」というイメージを持っていた人でも、“保証金の半分以上を損失することはない”仕組みであることが、わかったのではないだろうか。儲けるための投資ではあるが、その一方で短期間の相場反転による損失リスクを軽減するため、短期間で強制ロスカットされないような保証金設定にしたり、レバレッジを低くしたり――といった形で、自分が投資に使える金額に合わせて、少しずつチャレンジすることが可能な投資方法といえる。

【3】IFDONE(イフダン)注文
「IFDONE注文」とは、もしも○○できたらの意味で、入口と出口をセットにした売買注文のこと。

「例えば『1ドル99円でもし買えたら、101円になったところで売る』という、売り買いをそれぞれ自分の希望する指し値で、あらかじめセット注文する形です。

 時間がない、いつも為替を見ていることができない人に、有効な注文方法のひとつです。あらかじめ自分の中のルールを決め、その通りに取引きを実行する際に、“力を発揮する”注文方法ですね」(野口さん)

 ここで出てきた「指し値」という用語は、通常の商取引きでも使われる言葉だ。一般的な対語としては「仕切り値」だが、FXの場合は少し異なるキーワードが存在する。

【4】逆指し値
「指し値に対して、逆指し値という用語がFX投資にはあって、逆指し値での注文の場合は『99円より安くなったら売る。101円より高くなったら買う』となります。

“それじゃ、損しちゃうよ”と思うかもしれませんが、相場が自分の予想と反対方向に大きく動いた際、損失額を限定的にするための一般的な手法です。『逆指し値』も理解していると、さらに“デキるな”って印象を与えられますね」(野口さん)

【5】ミラートレーダー
 当サイトでも“ビギナーに優しいシストレ” として紹介した、新しいシステムトレード。従来のシストレは、自分でプログラムを組んだり、高額な既成プログラムを買うなどが必要だった。しかしミラートレーダーなら、口座を開設して「ストラテジー」と呼ばれる売買シグナルを出すシステムを選ぶだけで、自動的に取引きができる。

「既存のシストレであるメタトレーダーは、金融に関する知識とは関係ないプログラミングなどのデジタルスキルが必要だったり、24時間プログラムが動くような設備が必要。それに比べて、ミラートレーダーはそうした設備やデジタルリテラシーは必要なく、手軽に自動売買が楽しめます。当社でも『選べるミラートレーダー』の人気が高まっていますね。

 システムトレードに興味はあっても、『プログラミングは難しいし、だからと言って既成のソフトは高いし』と断念していた方が、多かったんです。そうしたことから『優秀なプロのストラテジーを選ぶだけなんて! これが本当のシステムトレードの形だよね』とおっしゃる方もいらっしゃいます」(野口さん)

 ビギナーにもチャレンジしやすい、シストレの最新トレンドというだけでなく、ミラートレーダーには長くFXをやっているベテラン組も、メリットを感じている人が多いという。

「FXを長くやられている人の中には、中毒化すると言いますか(笑い)……“相場が気になってしょうがない。ポジションを持っていないと不安になる”といった、通称『ポジポジ病』という方も多いのですが、ミラートレーダーにしてから『世界中の優秀なプロが提供するストラテジーを信用して、取引きできるようになったので、ポジポジ病が治りました』と喜ばれています。

 ビジネスとしては、多くの取引きをしてもらう方が良い面もありますが、過度に取引きをすることが、必ずしもお客様の利益に繋がるとは限らないし、適度な取引きで、長くFX投資を続けていただきたい――と私たちは考えています。そうした意味でも、ミラートレーダーという選択肢を得たことで、FXの楽しみ方をより広げてもらえると嬉しいですね」(野口さん)