クリスマス商戦の滑り出しは順調!? 携行デバイスの人気が高まっている

写真拡大

【今回のまとめ】
1.感謝祭の週は例年の経験則通りNY市場は堅調だった
2.ブラック・フライデーの「ブラック」は「黒字」の意味
3.今年のブラック・フライデーの売上高は前年比+2.3%だった
4.実店舗からネットに売上が流れている
5.携行デバイスが人気の的になっている

堅調なNY市場

 先週の米国株式市場は堅調でした。ダウ工業株価平均指数は8週連続高の+0.1%、S&P500指数は+0.1%、ナスダック総合指数は+1.7%でした。


 先週木曜日は感謝祭(サンクスギビング・デー)で休場でした。例年、感謝祭のある週は相場が高いことで知られています。

ブラック・フライデーの由来

 さて、感謝祭の翌日の金曜日は「ブラック・フライデー」と呼ばれ、小売店にとって一年で最も多くの金額を売り上げる、とても重要な日です。

 アメリカでは感謝祭の翌日の金曜日からクリスマス・イヴまでをクリスマス商戦期間と捉えています。金曜日は、その初日というわけです。

 普通、小売店は賃貸料や店員の給与などの固定的な費用がありますから、年初からずっと赤字で操業することになります。その累損を一掃し、一気に黒字に持って行く日が、売上高の急増する、感謝祭の翌日の金曜日なのです。ブラック・フライデーの「ブラック」とは、つまり「黒字」の意味なのです。

ブラック・フライデーの売上は?

 さて、今年のブラック・フライデーの売上は、どうだったのでしょうか?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)