セブン&アイ、バーニーズジャパンに出資へ

写真拡大

 セブン&アイ・ホールディングスは12月4日、スペシャリティストア「バーニーズ・ニューヨーク」を国内で展開するバーニーズジャパンの株式49.9%を取得し、持ち分法適用会社にすることを発表した。東京海上グループのファンドから2014年1月にバーニーズジャパンの株式を約60億円で取得し、役員を派遣する方針。

セブン&アイ、バーニーズジャパンに出資への画像を拡大

 セブン&アイ・ホールディングスはバーニーズジャパンの株式取得により、50.01%を保有する住友商事に次ぐ第2位の株主となる。広報担当者は「バーニーズジャパンが持つブランド力や商品開発力、そして店舗の編集や売り場作りなど卓越したものを持っている。それらを生かした取り組みを両社で協議していく」という方針を示し、百貨店子会社そごう・西武やセブン-イレブンとの連携も視野に入れていくという。