『進撃の巨人』原作ビジュアル

写真拡大

諫山創による漫画作品『進撃の巨人』の実写映画化プロジェクトが再始動したことがわかった。

【もっと写真を見る】

2011年に中島哲也監督による制作が発表されていたが、一度白紙になっていたという同作の実写映画化プロジェクト。今回発表された新プロジェクトでは、『のぼうの城』『巨神兵東京に現わる』の樋口真嗣がメガホンをとり、脚本は映画『GANTS』2部作などを手掛けた渡辺雄介と、原作者の諫山とも親交が厚い映画評論家の町山智浩が担当する。キャストは後日発表される。なお、撮影は2014年夏からスタートし、公開は2015年を予定している。

また、実写版の動く「巨人」が登場するスバルのSUV・フォレスターとのコラボCMが、1月下旬に日本テレビ系列の『金曜ロードSHOW!』内で放送される。同CMの放送は一度限りになる予定だという。特設サイトでは関連情報がCM放送までの期間に順次公開される。