「アナと雪の女王」絶賛相次ぐ、アニー賞でも全10部門ノミネート。

写真拡大

12月2日、米国で第41回アニー賞のノミネーションが発表され、ディズニー・アニメーション最新作「アナと雪の女王」が、作品賞のほか全10部門で最多ノミネートを果たした。今年3月に公開され大ヒットした「シュガー・ラッシュ」は前年度に同賞を5部門制覇しており、今回はそれを上回る最多受賞にも注目が集まっている。そしてさらに、同日にノミネーション発表されたサテライト賞にも2部門ノミネート(主題歌賞、アニメーション/ミックスメディア映画賞)された。

また本作は11月27日に全米で封切られ、3,742館、6,021スクリーンで公開され、5日間の興行収入が9,335万6,000ドルの大ヒットを記録。これは全アニメーション・スタジオで制作されたアニメーションの総興行収入歴代2位の「ライオン・キング」をも上回る大ヒットスタートとなっており、またディズニー・アニメーション・スタジオで制作されたアニメーションの中ではナンバー1の成績となった。

そして日本で興収25億円を記録した「塔の上のラプンツェル」(全米公開時のスタート5日間:6,870万ドル)、30億円を記録した「シュガー・ラッシュ」(同5日間:5,675万ドル)をも遥かに超える大ヒットを記録したことから、日本での30億円超もすでに確実視され、大ヒットへ向けての期待がますます高まっている。

全米で映画を見たマスコミは、「ディズニー・クラシックの伝統的要素を受け継ぎながらも、古い手法やセリフにとらわれずに、時代を超えて完璧なまでに人々を魅了する物語だ」(USAトゥデー紙)と、今まで以上に新しくも素晴らしいストーリーであることを讃えられ、「雪と氷に彩られた夢の世界はディズニーのアニメーション映画の中で最も美しい作品だ。見ていると、まるでダイアモンドをあしらった巨大な氷のシャンデリアの中にいるようだ」(ニューヨーク・タイムズ紙)と最高レベルの映像美が称賛されている。

また「『リトル・マーメイド』の“パート・オブ・ユア・ワールド”や『アラジン』の“ホール・ニュー・ワールド”のような素晴らしい楽曲に出会うという歴史的瞬間に息をのむだろう」(ニューヨーク・ポスト紙)と、歌曲の素晴らしさも絶賛。これは全米iTunesサウンドトラックランキングで「アナと雪の女王」が見事1位を獲得し、さらに「アナと雪の女王 デラックス・エディション」が2位も獲得していることからも、楽曲のクオリティの高さが証明されていると言えそうだ。

映画「アナと雪の女王」は2014年3月14日(金)、2D・3Dロードショー。

☆「アナと雪の女王」ストーリー

運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹エルサとアナ――触れるものを凍らせる“禁断の力”を持つ姉エルサは、意志に反して真夏の王国を冬に変えてしまう。“雪の女王”となった姉と王国を救うため、妹アナは山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出る。アナの思いは凍った心をとかし、凍った世界を救うことができるのか?すべての鍵を握るのは、“真実の愛”…。