一歩先行くデザイナーズホテル「新宿グランベルホテル」オープン

写真拡大

都市型のホテルは、必要のある時だけ利用するという方。その滞在を楽しむためにわざわざ泊まるホテルがあってもいいのに、と思ったことがあるのでは? 12月18日(水)にグランドオープンする「新宿グランベルホテル」は、東新宿の再開発エリアに誕生するビジネスホテルを超えたクリエイティブホテル。JR「新宿駅」から10分、東京メトロ/都営地下鉄「東新宿駅」から4分というアクセスのよさとともに、高いクオリティーとデザイン性を味わえる楽しみが。

そのコンセプトは、「アジアのNEXT ARTIST × HOTEL」。日本の中で最もアジア文化のエネルギーを感じる新宿・歌舞伎町のエリアで、「FUN to STAY=観光やビジネス目的のゲストにも滞在(Stay)を十分に楽しんでいただく(Fun)ためのホテル」を実現しようという試みが随所に。

デザインのテーマは、「HIP」「エッジ」「官能的」という3つのテーマを軸に展開。たとえばロビーラウンジには、アジアの若手クリエイターとコラボレートするアートラウンジを設置。期間限定の企画展示などを開催しながら、若い才能を発信してゆく予定。また、館内では音楽イベントも定期的に開催し、アジアで注目のミュージシャンを発掘する試みも。

「Fun to Stayをモットーに日本で唯一無二のホテルをめざしています。これだけいろいろなアーティスト、デザイナーとコラボしたホテルはないのでは? 客室での滞在だけではなく、ルーフトップバーやカフェ等で心地いい音楽、美味しい珈琲、お酒等も楽しみながら最高の時間を各々過ごしていただければ」と広報担当の室伏さん。

これはホテルゲストのみならず、新宿周辺で働くビジネスガールにとって、耳よりな情報!