ボリショイ事件 元ダンサー流刑

ざっくり言うと

  • 露の名門ボリショイ・バレエ団の監督が、1月に顔に酸性の液体をかけられた事件
  • 3日、首謀者の同バレエ団の元準主役級ダンサーに、流刑6年が言い渡された
  • 監督は失明寸前の重傷などを負い、現在もドイツで治療を受ける

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング