『魔女の宅急便』

写真拡大

3月1日から全国で公開される実写映画『魔女の宅急便』の場面写真が公開された。

【もっと写真を見る】

1985年から刊行され、2009年に完結した角野栄子の児童文学『魔女の宅急便』シリーズ。1989年に宮崎駿監督によってアニメ化されたほか、蜷川幸雄の演出によってミュージカル化されるなど、第1作目の発表から20年以上経過した現在でも多くのファンを持つ作品だ。

初の実写映画版となる同作では、原作の第1巻と第2巻をもとに、魔女の血を引く少女キキが黒猫のジジと共に魔女修行の旅に出る様子が描かれる。監督は『呪怨』の清水崇、共同脚本は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などの奥寺佐渡子が担当している。

今回公開された場面写真では、オーディションで抜擢された小芝風花が演じるキキがホウキに乗って故郷から旅立つ場面や、尾野真千子が演じるパン屋のおかみ・おソノがキキと共に佇む場面をはじめ、とんぼ役を演じる広田亮平、キキの父オキノ役の筒井道隆、キキの母コキリ役の宮沢りえらの姿を確認することができる。