カシオでの激闘がケガを悪化させたのだろうか(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

ゴルフ日本シリーズJTカップ 事前情報◇3日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 賞金王の松山英樹が今季の男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を欠場することが本日発表された。欠場理由は左母指手根中手関節炎のため。
 先週の「カシオワールドオープン」でも左手親指を気にする仕草が見られた松山。経過が心配されていたが、ケガの状況は思った以上に悪化していたようだ。
以下は松山のコメント。
「先週優勝して、今季の最終戦であるゴルフ日本シリーズJTカップに出場することを楽しみにしておりましたが、数週間前に痛めた左手のケガが悪化し、お医者さんからも安静するように告げられ、止む無く欠場することになりました。自分自身、本当に残念で悔しい気持ちでいっぱいです。1日でも早く治して、またいいプレーをお見せできるように、今は安静と治療に専念したいと思っております。今回の欠場により、主催者様を始め、大会関係者の皆様、そしてファンの方々にご迷惑とご心配をおかけすることを心よりお詫び申し上げます」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のゴルフギア情報をチェック
美人ゴルファーを紹介する「今日の美ゴ女」